作者の記憶の色をたどり、一つの作品を作るブログ。基本ノンフィクションの実体験に基づいた不思議な話。その他にも音楽やゲームのランキングも紹介していきます。

グルメ ブログランキングへ
ゲーム ブログランキングへ

被リンク対策に相互リンク∞

 

 

 

 

 

 

 

全国のイベント情報

 

食わず嫌いレシピ

 

明日からハンター7

 

泣き虫蛹の今日の決めゼリフ

 

みーこの彼氏調教料理

 

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
小さな海4(緑編)~異変~
2012-03-03 Sat 17:51
お化けの山へ入るようになってからしばらく経ったある日、
いつものように学校が終わって、ナッシーとゴリの家へ向かった。
平日の昼間だが、おやじさんが庭で木を削って何やら作業をしている。

僕「今日は博士もまだ帰ってこないし、何する?」

ナッシー「やっぱり山に探検じゃろー」
いつもの様に飛び跳ねながらしゃべってる。

ゴリ「いやいや、時代は野球でごわすよ」

843-1280.jpg


この頃からゴリは山へ行くことを拒みはじめた。
違和感を覚えたのは、もう少し先だが後から思えばゴリと一緒に山へ入ったのはこの先たったの一度だけである。

僕「おやじさん、よく見るけどやさしそーじゃね」

ナッシー「ゴリのおやじさんは何の仕事しよるん?」

ゴリ「・・・」
ゴリ「あんまよく知らんけど、色々だすよ」

煮え切らない返答だが、たいして興味を持って質問をしたわけではないので僕とナッシーは茶化して流した。

ゴリ「そうそう、俺のクラスの奴があの山で幽霊を見たって言ってたぜよ」

ナッシー「まっじー、すっげー、見てみたいし」

僕「・・・」

ゴリ「憑りつかれたらおかしくなるらしいから、あんまり近づきたくないぽよ」

僕はこの時の会話を軽く流していたが、後に重大な秘密へ繋がる事になるとは気付いていなかった。



スポンサーサイト
別窓 | 小さな海(緑編) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<小さな海5(緑編)~僕の中の地図~ | 白黒白-白白白 | 小さな海3(緑編)~火葬場~>>
この記事のコメント:
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
∧top | under∨
| 白黒白-白白白 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。